シミを消す

シミを消す方法を紹介!エステや美容皮膚科は不要!

シミや肝斑を消す方法はいくつかあります。

 

エステや美容皮膚科に通ってシミや肝斑を治そうというかたも多いと思いますがお金と時間がある方だけが使える方法です。

 

シミや肝斑を消すのは正直なところ容易ではありませんがなるべく安くシミや肝斑を消すことができれば、こんなに嬉しいことはありませんよね。

 

シミの種類を知り、自宅でできるシミや肝斑を消す方法をご紹介します。

 

 

シミと肝斑の種類や違い

 

シミと肝斑を見分けるのは皮膚科の専門医でも難しいとされています。

 

それは実は肝斑がシミの1種だからです。

 

シミの種類と特徴による違いを見ていきます

 

シミの種類

 

シミには大きく分けて5つの種類があります。

 

日光黒子(老人性色素斑)

 

一般的にシミというと日光黒子になります。

 

日光黒子は紫外線が原因でメラニンが大量に作られてできたシミで黒っぽくシミと通常の肌の境界がクッキリとしています。

 

対称性真皮(メラノサイトーシス、ADM)

多くは成人以降で発症することが多いシミです。ほほのあたりに左右対称にあらわれることが多いシミです。

 

炎症後色素沈着

ニキビ、傷、かぶれなどの炎症が治った後にできる褐色のシミで顔以外にも全身にできることがあります。

 

 

雀斑(そばかす)

 

別名は雀卵斑(じゃくらんはん)。

 

鼻周りやほほなどに小さい点状のシミが3歳頃からでき始め思春期に顕著となります。

 

 

肝斑(かんぱん)

30〜40代に多く見られるシミの1種です。

 

この時期にシミができ始めた方は特に注意が必要です。

 

肝斑は薄い褐色で目の周りを避けるように左右対称に、ほほ骨に沿って、または目尻の下あたりに出きるシミです。

 

他にも額や口の周辺、左右で大きさや位置が異なるタイプもあります。

 

季節によってシミの濃さが異なるのも特徴です。

 

 

シミや肝斑を消す方法

シミや肝斑を消す方法として即効性が高いものは美容皮膚科でレーザーを使うことになります。

 

エステは、エステ機器でつかえる出力が美容皮膚科よりも低いためシミや肝斑への効果はかなり落ちると言えます。

 

最も簡単なシミや肝斑を消す方法はシミ消しクリームを使用することです。

 

 

美容皮膚科

 

レーザー治療

 

レーザーなどの美容機器を使用した治療はシミや肝斑の大きさや面積にもよりますが1回2,000円程度から10万を超すものもあります。
メリットはシミがなくなることです。

 

特に広範囲にシミができていた方はメイク時間が短縮できます。

 

デメリットは高額な料金を払っても効果がない方がいる、シミが再発する可能性がある、紫外線や日焼けにいつも以上に気を遣わないといけない、痛みに個人差がある、継続が必要、料金が高いなどです。

 

 

YAGレーザー

老人性色素斑(シミ) 雀斑、太田母斑

 

Qスイッチルビーレーザー

シミ、あざ、雀斑、脂漏性角化症、花弁状色素斑

 

フォトRF

雀斑、赤み、くすみ

 

フォトフェイシャル

雀斑、くすみ、炎症性色素沈着など

 

レーザートーニング

雀斑、色素沈着、くすみなど

 

炭酸ガスレーザー

脂漏性角化症をはじめとする様々なシミ

 

 

 

点滴、注射

 

点滴や注射は直接成分を体内に取り込むため効き目が化粧品よりも早く出やすい、料金が美容機器を使った場合よりは安く抑えられる点がメリットです。

 

デメリットは、注射や点滴の成分が合わない方がいる、気分が悪くなる場合がある、プラセンタ注射の場合献血ができなくなる、継続が必要、効果は個人差があるなどです。

 

 

 

美容高濃度ビタミンC点滴

高濃度のビタミンCを血中へ点滴で注入していく治療方法です。

 

しみの改善の他、肌荒れ、日焼け後の肌へのダメージのケアができます。
疲労回復にも効果が見られます。

 

 

 

美白注射・点滴

 

トラネキサム酸、ビタミンC、ビタミンEなどしみ対策に有効な成分を注射や点滴で行います。

 

プラセンタ注射・点滴

 

人の胎盤から採取したプラセンタを使用します。ただし献血は出来なくなります。
厚生労働省が平成18年8月24日声明文を発表し、日本赤十字社はヒト胎盤エキス(プラセンタ)の注射剤を使用した人の献血を制限するとしました。
これは変異型クロイツフェルトヤコブ病(vCJD)について献血の際に血液から検査する方法が実用化されていないからです。

 

 

美白クリーム

 

美容皮膚科でシミや肝斑の治療というとトレチノインとハイドロキノンがあります。

 

トレチノインは肌のターンオーバーを高めるものでハイドロキノンがシミや肝斑に作用する成分です。

 

かなり強い作用がある成分でシミや肝斑への効果は高いですが、紫外線や日焼けには十分注意が必要です。

 

また使い方を間違ってしまうと肌への負担がかかります。

 

 

エステ

 

フォトフェイシャルやビタミンC導入などがありますが医療機関ではないため効果が出るまでにかなりの時間を要します。

 

基本的には予約が必要ですがので自分の時間が十分にある方は使っても良いかもしれません。

 

勧誘される可能性があります。

 

 

化粧品

 

自宅で手軽にでき、エステや美容皮膚科と同様に継続は必要ですが、価格は格段に安くシミや肝斑を消す効果が期待できます。

 

副作用も特になく安心して使用できます。

 

シミには乾燥が大敵です。

 

化粧品は保湿効果の高いものを選ぶ必要があります。

 

なのでメラニンを抑制するトラネキサム酸などシミの予防をするほかにも保湿成分が入ったコスメが不可欠です。

 

シミを消す成分と肌の潤いを強化する成分の両方が入ったシミ消し化粧品が最適です。

 

両方を備えた商品があります

 

なので美容皮膚科やエステに時間やお金をかけなくてもすむのです。

 

私も使った口コミ体験談と他の方の口コミや効果を掲載しています。
↓ ↓ ↓
フォトシンデレラはシミ以外にも肌荒れ、しわ、保湿、乾燥を防ぐなど女性の肌にとって必要なものが入っています。なので本当に良い商品なんですよ。